クリニック案内

アクセス

  • 電車
    JR東北本線 矢板駅徒歩19分

むとう整骨院
RIZAP
RIZAP FOOD
AGA-news

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は文字通り、眠っている時に無呼吸になる状態で、SAS(Sleep Apnea Syndrome)と呼ばれています。睡眠中の無呼吸状態が1時間に5回以上見られたり、呼吸が10秒以上停止した状態が、7時間以上の睡眠中に30回以上確認できる状態を指します。授業中や車やトラックの運転中等でも、居眠りや無気力を引き起こすため、交通事故に繋がったケースもあり、大きな関心が寄せられています。呼吸が止まることによる低酸素血症や頻繁に目が覚めることで、睡眠中も交感神経系に緊張状態が続きます。そのため合併症として高血圧・心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・脳出血等を発症する確率が、正常人に比べ、数倍高くなると考えられています。

主な症状は下記の通りです。

睡眠時

  • 激しいいびき
  • 息がとまる
  • 呼吸の乱れ
  • 息苦しくなり目が覚める
  • トイレに行く回数が増える

睡眠時

日中

  • 起床時の頭痛・血圧上昇
  • 居眠りの頻度が高い
  • 無気力・集中力の低下
  • 性格が変わる(怒り易い・短気)
  • 息切れし易い
  • 体重の増加

当院では、睡眠時無呼吸症候群の検査について、
終夜睡眠ポリグラフィーを使用しています。

終夜睡眠ポリグラフィー

終夜睡眠ポリグラフィー

睡眠中の無呼吸状態の数や低呼吸状態の程度、血液中の酸素の割合といった測定が可能です。
体の5箇所(顔、のど、指先、お腹、腰)にセンサーを装着し、睡眠をとるだけで構いません。起床後、センサーと機械を外して頂き、医院に持ってきて頂くだけで大丈夫です。
特に禁止事項はありませんで、通常の生活を過ごす中で検査を行えます。
得られたデータより状態を把握し、適切な治療を行います。